1. ホーム
  2. サムスン、980 Pro PCIe 4.0 SSDを発表。クライアントPCで最大7000MB/s

サムスン、980 Pro PCIe 4.0 SSDを発表。クライアントPCで最大7000MB/s

2020-09-01 11:45

クライアントSSDのパフォーマンスに関しては、Samsungは長年市場をリードしてきたが、PCIe 4.0ドライブに関してはライバルにやや遅れをとっています。CES 2020トレードショーでは、Samsungは初のPCIe Gen 4ドライブ「980 Pro」を展示したが、まだ商業出荷を開始していません。先週、同社はあるウェブサイトでこのドライブの仕様を公開しましたが(現在は削除されました)、これは製品が発売されようとしていることを示します。

サムスンの980 Proドライブは、かなり印象的な性能を備えています。同社は、最大7,000MB/sのシーケンシャル読み出し速度と最大5,000MB/sのシーケンシャル書き込み速度を保証します。ランダム性能に関しては、最大1,000,000,000ランダムリード(4 KB、QD32)と最大60,000 IOPSランダムライト(4 KB、QD1)が可能なSSDを扱います。この数値は、PCIe 4.0 x4インターフェイスを搭載した競合SSDは、多くの場合、最大5,000 MB/秒の読み取り速度を持っています。

Samsung 980 Pro SSDは、同社独自のコントローラをベースにしており、同社の3D TLC V-NANDメモリ(Samsungは3ビットMLC V-NANDと呼んでいる)を使用しています。このドライブは、M.2-2280フォームファクタで、PCIe 4.0 x4インターフェイスを搭載しています。現在の容量は250GB、500GB、1TBのバージョンがあります。

コントローラはAES 256ビット暗号化に加え、TCG/Opal IEEE 1667コーディングを対応しており、高度なセキュリティが求められる企業や官公庁のPCに採用できます。Samsung 980 Proの消費電力はピーク時で最大8.9Wと定格されているが、ドライブの平均消費電力は約6.2Wとなります。

最近のSSDの性能に重要な影響を与えるものの1つに、コントローラの適切な熱管理があります。そのため、ゲーミングPC向けのハイエンドドライブにはヒートスプレッダーが付属しており、ノートPCへの搭載を妨げる可能性があります。サムスンの980 PROドライブは、ニッケルコーティングされたコントローラを搭載しており、熱レベルを管理して安定した性能を確保しています。さらに、SSDにはグラフェンをベースにした熱拡散ラベルも付属しています。

サムスンがシンガポールのウェブサイトで公開している情報では、980 PRO SSDの価格やETAの日付は明らかにされていません。一般的に企業は、実際の発売日よりもかなり前に製品に関する情報を公表することはほとんどありません。そのため、Samsungの980 Proドライブがまもなく発売されると予想するのは完全に理にかなっています。

SamsungのProドライブのためのいつものように、980 Proモデルは5年間の限定保証でカバーされます。同社は、980 Pro 1TBドライブの最大600TBW(書き出しテラバイト)の耐久性を宣言しており、500GBモデルでは300TBWとなっており、これは前世代の970 Pro SSDの半分の耐久性となります。

ソース:Tom's Hardware
シェア