1. ホーム
  2. MSI、低価格のマザーボード市場でMAG B460 Torpedoを発売

MSI、低価格のマザーボード市場でMAG B460 Torpedoを発売

2020-08-25 13:45

まず、MSIのMAG(MSI Arsenal Gaming)ラインナップに迫撃砲、バズーカ、トマホークがありました。さて、魚雷が登場しました。ミリタリーをテーマにしたモデル名への愛情を持ち続けたMSIは、インテル第10世代Comet Lake-Sプロセッサー用のMAG B460 Torpedoマザーボードを最近発表しました。

典型的なATXフォームファクターに準拠したMAG B460 Torpedoは、13相配電サブシステムと単一の8ピンEPS電源コネクターでデビューし、最高のCPUにジュースを供給します。4つのDDR4 RAMスロットがあるため、マザーボードは最大128GBのDDR4-2933メモリに対応できます。

MAG B460 Torpedoのストレージオプションは、RAID 0、1、5、10アレイと2つのM.2スロットをサポートする6つのSATA IIIポートで構成されています。どちらのM.2スロットもPCIe 3.0 x4インターフェイスを利用しますが、いくつかの制限があります。手始めに、プライマリM.2スロットは、長さが最大110mmのM.2 SSDを収容できる唯一のスロットです。セカンダリM.2スロットは、最大80mmのドライブと互換性があります。

さらに、Intel OptaneドライブはセカンダリM.2スロットでのみ対応されています。

MAG B460 Torpedoでは、拡張の可能性はそれほど粗末ではありません。 MSIはmothjerboardに2つのPCIe 3.0 x16スロットと2つのPCIe 3.0 x1スロットを装備しました。もちろん、最初のPCIe 3.0スロットはx16で動作し、Comet Lake-Sプロセッサーに直接リンクされています。ただし、2番目のPCIe 3.0スロットは、B460チップセットを搭載しているため、x4に限定されています。

コメットレイク-Sチップの統合グラフィックスを使いたい場合、MAG B460 Torpedoはディスプレイ用に1つのHDMIポートと1つのDisplayPort出力を提供します。前者は30 Hzのリフレッシュレートで最大4096 x 2190の解像度をサポートし、後者は60 Hzで4096 x 2304をサポートします。

MAG B460 Torpedoには、2.5ギガビットイーサネットポートが1つ付属しています。これは、Realtek RTL8125Bコントローラーのおかげで可能です。背面パネルには、コンボPS/2ポート、2つのUSB 2.0ポート、2つのUSB 3.2 Gen 1 Type-Aポート、および5つの3.5mmオーディオジャックと光S/PDIF出力があります。

ポートの選択をさらに広げるのは、1つのUSB 3.2 Gen 1 Type-C、1つのUSB 3.2 Gen 1および2つのUSB 2.0ヘッダーです。

MSIはMAG B460 Torpedoの価格を明らかにしませんでした。ただし、CompSourceのマザーボードの価格は$116.25で、MAG B460 Torpedoは$139.99で販売されているMAG B460 Tomahawkよりも少し安くなっています。

ソース:Tom's Hardware
シェア