ホーム/自作PC構成見積もり/

自作PC構成見積もり

i9-9900KS 自作PC構成例をご参考いただければ幸いです。
新規見積もりはこちら
自作PC掲示板
リリースノート
2020年06月01日
見積もりツールの新 UI がリリースされました。新機能:見積もりツールがモバイルバージョンに対応。スマホで素早く自作PCを見積もることができるようになりました。
2020年05月27日
データ更新:Intel 10-Series CPU のスロットのLGA1200、またはチップセットの Intel X490 、AMD B550 の対応。
2020年05月19日
データ更新:SMR または CMR/PMR 技術を搭載しているHDDには、タグを付けました。
2020年05月16日
修正:投稿した見積もりの本文にリンクが正しく表示されない問題を修正。挿入されたリンクが通常のハイパーリンクに表示されるにしまし
2020年04月30日
新機能:「カスタマイズパーツ」機能を追加:自分でカスタマイズパーツやリンクを直接、追加できます。
2020年04月14日
修正:ホームページに表示されているおすすめの自作PC見積もりの更新で、画像なしの見積もりが見えないように設定しました。
2020年04月10日
新機能:見積もりツールにて「複数パーツ」機能を追加。複数のメモリ、GPU、SSD、HDDの追加が可能になりました。
2020年03月10日
新機能:「Twitterでログイン」機能を追加。作成した自作PC見積もりはマイページで再度、確認することができます。
2020年02月26日
修正:見積もりツールへのアクセス方法を変更され、アクセスがより簡単になりました。
自作PCに関するよくある質問

予算20万円で作れる自作PCのおすすめ構成を教えてください。

CPUのおすすめの選択肢:Core i9 9900K, Core i7 9700K, Ryzen 7 3700X GPUのおすすめの選択肢:GeForce RTX 2080 Super, GeForce RTX 2070 Super, Radeon RX 5700 XT
予算20万円のおすすめ構成をすべて表示

予算15万円で作れる自作PCのおすすめ構成を教えてください。

CPUのおすすめの選択肢:Core i7 9700K, Core i5 9400, Ryzen 3600 GPUのおすすめの選択肢:GeForce RTX 2060 Super, Radeon RX 5700
予算15万円のおすすめ構成をすべて表示

予算10万円で作れる自作PCのおすすめ構成を教えてください。

CPUのおすすめの選択肢:Core i3 9100, Core i5 9400 GPUのおすすめの選択肢:GeForce RTX 2060 Super, GeForce RTX 1660 Super, Radeon RX 590
予算10万円のおすすめ構成をすべて表示

自作PC電源ユニットの計算方法と目安を教えてください。

PCの心臓部という名がつくぐらい大切な部品です。一定レベル以上のものを使わないと他のパーツに悪影響を及ぼします。自作PCを始めて組む方は、必要とする消費電力の1.5~2.0倍の電源を選びましょう。どうしても電源ユニットで価格を抑えたい場合は1.2~1.3倍でもいいでしょう。

自分のブログで「自作PC見積もり」を追加したいんですがどうしたら追加できますか?

ブログでは、ウィジェットでブログに埋め込むことができます。詳細は下記のリンクからご確認ください。
ブロガーやYoutuber向けアフィリエイトとウィジェットについて

自作PCおすすめランキング

だいたいTUFで固めた自作PC
TUFに魅了された初心者が一生懸命散財して作り上げた謎の一品
¥106,495
ゲーム
クリエイティブ
省エネ
コスパ
Ryzen9 3950XとRTX2080tiで組むMini-Itx世界最高級ミニPC!!
Ryzen 9 3950X は280mmのラジエーター搭載の水冷CPUクーラーを推奨していますが、オーバークロックをしなければ、ゲームにベンチスコアなどは十分に冷やしてくれます。 ケース:OPHION EVOにはROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMINGを入れるとサイドパネルがガッツリ干渉しますので、扉の隙間を埋める細長いスポンジを両面テープで貼り付けてパネルとケースの間を広げておく必要があります。 その他のことは自分のブログに紹介していますのでそちらもご覧ください。 [http://lathe-tornio.com/](http://lathe-tornio.com/ryzen3950x%e3%81%a8rtx2080ti%e3%81%a7%e7%b5%84%e3%82%80mini-itx%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e9%ab%98%e7%b4%9a%e3%83%9f%e3%83%8bpc%ef%bc%81%ef%bc%81/)
¥407,921
ゲーム
クリエイティブ
省エネ
コスパ
今使っているmicroATXのHackintosh兼ゲーミングPCの構成
CPUの選択肢としてはIntelとRyzenがありましたが、HackintoshにはIntelが無難だと思い。予算内に収まる9700Kにしました。 マザーボードは小サイズmicroATXのGIGABYTE Z390M GAMINGにしましたが、 HackintoshのためCFG Lockの解除は少し手間掛か借りました。 ビデオカードはSAPPHIREのRX 5700XTにしたかったのですが、ケースにはなかなか入らなくて、MSIの RX 5700に交換しました。 fan-stopのモデルではないので実際ちょっと騒音があったのと、わざわざ選んだ水冷キットNZXT KRAKEN X62も台無しになっちゃいました。 SSDはWDのSN550とSAMSUNGの970 PRO二枚を付けました。ゲーミング用のWindowsはSN550にインストールして、4K動画編集のためのmacOSはさらに高速度の970 PROを使っています。 無線カードはHackintosh専用のFenvi T919で、中身はBCM94360CD。何の設定もしてないんですが、問題なく動作しています。
¥178,536
ゲーム
クリエイティブ
省エネ
コスパ
コスパゲーミングクリエイティブ省エネ性能0パソたんスコア
CPUマルチスレッド性能
0
CPUシングルスレッド性能
0
グラフィック性能
0
ストレージ性能
0
レーダー(300 x 300)
ブロガーやYoutuber向けアフィリエイトとウィジェットについて説明はこちら