1. ホーム
  2. SiFiveは、開発者向けのRISC-VデスクトップPCに対応し、ベクトル拡張を備えた新しいCPU

SiFiveは、開発者向けのRISC-VデスクトップPCに対応し、ベクトル拡張を備えた新しいCPU

2020-09-24 13:30

多くの主要なアナリストが同意します-Nvidiaが最近発表したARMの買収により、オープンソースのRISC-V CPUアーキテクチャが業界に広く浸透し、RISC-V CPUアーキテクチャの主要な推進力の1つであるSiFiveが本日、タイムリーな発表を行いました。

SiFiveは、ソフトウェア開発やオープンソースCPUアーキテクチャへの移植を支援するために、RISC-Vチップを実行するデスクトップPCを関心のあるソフトウェア設計者に提供する計画を開示しました。 アナウンスは、オープンソースのRISC-V CPuアーキテクチャが、NvidiaによるARMの買収をきっかけに、より多くの関心を集めているためです。

SiFiveはまた、最新のRISC-Vベクトル(RVV)拡張をサポートし、10月に高レベルのオペレーティングシステムを実行できるRISC-Vプロセッシングコアを発表すると発表しました。 RVVにより、RISC-V CPUはパフォーマンスが要求されるアプリケーションに対応できます。

ベクトル拡張を備えた高レベルOS対応RISC-V CPU

SiFiveは、2016年に最初のRISC-V CPUコアを導入し、低電力デバイス向けのマイクロコントローラーと単純化されたSoCをターゲットにしています。 昨年、同社はパフォーマンスが要求されるアプリケーションに対処するために、IPポートフォリオにU8シリーズのアウトオブオーダープロセッサーコアを追加しました。 今年のLinley Group Fall Processor Conferenceで、SiFiveは、最新のRISC-V Vector拡張機能を搭載する予定のLinux対応スーパースカラーマルチコアプロセッサー設計に関する詳細を公開する予定です。

IntelのAVXなどのベクター拡張機能は、ベクトル化されたデータセットをより効率的に処理するために使用され、ハイパフォーマンスコンピューティングおよびマルチメディアアプリケーションで一般的に使用されます。 RISC-Vにベクター拡張機能を導入すると、アーキテクチャがArm、PowerPC、x86に近づき、AIやMLなどのパフォーマンスが要求される最新のアプリケーションと競合できるようになります。

SiFive開発PC着信:U7ベースのデスクトップ

これまでに100件以上のデザインウィンを確保してきたSiFiveは、RISC-Vアーキテクチャの普及に関心を持っています。 これを実現するために、RISC-VベースのPCを開発者に提供し、開発者が命令セットと互換性のあるアプリケーションを作成できるようにする予定です。

PCは、最近発表されたSiFive Freedom U740 SoCをベースにしており、ヘテロジニアスコアコンプレックスと最新のPCインターフェイスおよび拡張機能を組み合わせています。 デスクトップコンピューターには、ベアメタルまたはLinuxベースのアプリケーションを開発するため、および既存のプログラムを新しいハードウェアプラットフォームに移植するための一連のツールが付属しています。

ソース:Tom's Hardware
シェア