1. ホーム
  2. エイゾー、初の湾曲型IPSモニターを発売 KVM搭載の37.5型FlexScan EV3895

エイゾー、初の湾曲型IPSモニターを発売 KVM搭載の37.5型FlexScan EV3895

2020-09-18 12:45

近年、ゲーマーやオフィスワーカー向けの湾曲型モニターが人気を集めており、ほぼすべてのディスプレイメーカーが1~2機種の湾曲型液晶ディスプレイを発表しました。プロフェッショナル市場やニッチ市場向けのラインアップを持つ非常に保守的な企業であるEIZOは、今週まで湾曲型液晶ディスプレイを発表しなかったです。木曜日、同社はついに初の湾曲型モニター「FlexScan EV3895」を発表しました(PC Watch経由)。

21:9のアスペクト比とワイドな湾曲型ウルトラワイドモニターは、クリエイティブな仕事や金融関係の仕事など、一度に多くのものを見る必要がある多くの業界のプロフェッショナルに多くの利点をもたらします。しかし、湾曲型ウルトラワイド液晶の大半は、IPSパネルほど色の精度が高くないVAパネルを採用しているため、色が重要な仕事をしている人は避けたいところです。同社の顧客は色の濃さや色精度が重要視される業種であるため、オフィス向けの製品でも従来からIPSパネルの方が好まれてきました。

Eizo FlexScan EV3895は、37.5インチの非光沢IPSパネルを採用しており、解像度は3840×1600、アスペクト比はLG Display製と思われる24:10です。この解像度は、多くの映画で使われている2.35:1や2.39:1のアスペクト比で撮影されたUltra-HDコンテンツを表示するのに適しています。また、これらの解像度とアスペクト比は、生産性や金融系の用途では幅と高さのバランスが良いです。

FlexScan EV3895のその他の特性は、かなり典型的なものです。輝度300nits、コントラスト比1000:1、視野角178°/178°、GtG応答速度5ms、リフレッシュレート60Hzとなっています。この液晶は1,677万色を表示でき、sRGBの100%とDCI-P3の94%の色域をカバーしているので、プロ級のデバイスの話ではないが、間違いなく平均以上のビジネスおよび生産性モニターです。

接続性に関しては、このLCDにはDisplayPortが1つ、HDMIが2つ、USB Type-C入力が1つ搭載されています。後者はホストに最大85Wの電力を供給することができ、ほとんどのノートパソコンには十分な電力を供給することができます(Apple社のMacBook Pro 16などの高性能ワークステーションを除く)。

最近の多くのノートパソコンには有線イーサネットポートがなく、USB Type-Aコネクタすらないため、FlexScan EV3895モニターにはGbEが内蔵されているだけでなく、クアッドポートUSB 3.1 Type-Aハブ(2つのUSB 3.1 Type-Bアップストリームポート付き)も搭載されています。マルチメディアの面では、LCDには2つの1Wステレオスピーカーとヘッドフォン出力が装備されています。

Eizo FlexScan EV3895の売りのひとつが、ディスプレイに接続したマウスやキーボードを最大3台のPCで共有できるKVM機能を内蔵していることです(そのため、PiPやPbP機能にも対応している)。各パソコンには専用のアプリケーションを搭載し、液晶自体には表示設定を保存せず、ローカルに表示設定を保存することができます。

従来のエイゾーのモニターでは、FlexScan EV3895には高さ、チルト、スイベルを調整できるスタンドが付属しています。また、スタンドをVESA 100x100対応のアームに交換することもできます。

エイゾーは、「FlexScan EV3895」を2020年10月16日より日本国内で209,000円で販売を開始します。他の国では11月から発売されますが、希望小売価格は明らかにしていません。日本での価格を考えると、米国では1,799ドル程度の価格になると予想するのが妥当かもしれないが、現時点では憶測に過ぎません。

ソース:Tom's Hardware
シェア