1. ホーム
  2. Iris Xe Max Graphics:Intelが隠れているかもしれないTiger Lake iGPU

Iris Xe Max Graphics:Intelが隠れているかもしれないTiger Lake iGPU

2020-09-15 12:00

PC Worldに掲載されたIntelの"A Wonderful New Look"プロモーションYouTubeビデオに、未発表のIris Xe Max iGPUが登場しました。具体的な時間枠は示されていませんでしたが、Intelの担当者が同誌に確認したところによると、Intelは今後、Iris Xe Maxの詳細を発表します。

現在、IntelはそのARKデータベースに10 Tiger LakeモバイルCPUをリストアップしている、うちの3つは、画像処理ユニット(IPU)なしの亜種です。第11世代のチップは、Xe LPグラフィックスエンジンを利用しています。チップメーカーは、Core i3のためのカットダウンUHDグラフィックスソリューションを残しながら、より高速なIris Xeブランドのユニットを上位モデルにおかれるCore i5とCore i7。これは、Intelの常識です。Intelの10th Gen Ice Lakeモバイルチップも、異なるiGPU(Iris PlusまたはUHD Graphics)を採用します。

Tiger Lakeについては、IntelはUHD Graphicsの名称のままですが、Iris Xeに切り替えました。Iris Xeのバリアントは、より多くの実行ユニット(EU)を持っており、通常はより高いクロックで動作しますが、UHDグラフィックスのバリアントは、より低いクロック速度でより少ないEUで残されています。

Core i7-1185G7は、Intelの10nm SuperFin製造のTiger Lakeファミリの現在のフラッグシッププロセッサです。我々が「現在の」と言っているのは、Iris Xe Maxのロゴが突然現れたことで、より強力なTiger Lakeチップが登場することを示唆しているからです。当面の間、Core i7-1185G7は、処理部門とグラフィックス部門の両方で最高クロックの部分です。

インテル第11世代タイガーレイクのスペック

ProcessorCores / ThreadsBase / Boost Clocks (GHz)Cache (MB)GraphicsExecution UnitsGraphics Max Frequency (GHz)TDP (W)
Core i7-1185G74 / 83.0 / 4.812Iris Xe961.3512 - 28
Core i7-1165G7*4 / 82.8 / 4.712Iris Xe961.3012 - 28
Core i7-1160G74 / 82.1 / 4.412Iris Xe961.107 - 15
Core i5-1135G7*4 / 82.4 / 4.28Iris Xe801.3012 - 28
Core i5-1130G74 / 81.8 / 4.08Iris Xe801.107 - 15
Core i3-1115G4*2 / 43.0 / 4.16UHD Graphics481.2512 - 28
Core i3-1110G42 / 42.5 / 3.96UHD Graphics481.107 - 15

Core i7-1185G7は、ベースクロックが3GHz、ブーストクロックが4.8GHzで動作するWillow Cove製CPUコアを4個搭載します。クアッドコアプロセッサ内部のXe LP iGPUは96個のEUを搭載しており、最大グラフィックス周波数は1.35GHzにピークを迎えます。

Core i7-1185G7のiGPUのスペックはかなり意外なものです。iGPUは以前、1.55GHzのブーストクロックで浮上していましたが、今ではオーバークロックされていたことがわかっています。さらに、96EUで1.65GHzを叩き出すIris Xe iGPUが先日、ハードウェア探偵@TUM_APISAK氏によって発見されました。

Tiger LakeのXe LP(Gen12)グラフィックスは、1.35GHzで最大96EUに及びます。この構成は、1.1GHzで64EUに制限されていたIce LakeのGen11ソリューションからの驚異的なジャンプアップです。しかし、オーバークロックされたベンチマークの提出を見ると、Gen12は確かにまだタンクに多くのものが残っていることがわかります。Iris Xe Maxの最近の目撃情報は、Intelもそれを知っていることを示唆します。

もう1つの可能性としては、IntelがTiger Lake-HのパーツにIris Xe Maxを準備しているということも考えられます。チップメーカーは、Tiger Lake-Hプロセッサが8コアでトップになることをすでに確認しました。問題は、Intelが余分なコアのためのスペースを作るためにEUの数を削減しなければならないことで、iGPUが96個以下のEUを持つ可能性があることを意味します。

ソース:Tom's Hardware
シェア