1. ホーム
  2. AMDのRadeon RX 6000「ビッグナビ」はこんな感じ

AMDのRadeon RX 6000「ビッグナビ」はこんな感じ

2020-09-15 11:45

AMDは今日、Radeon RX 6000の別名Big Naviの最初のイメージで驚きを与えました。チップメーカーは最近、10月28日午前10時(PT)にBig Naviのキーノートを発表しました。

Big Naviは、AMDのRDNA(Radeon DNA)2マイクロアーキテクチャを利用している可能性が高いです。ゲーム機のシーンを見てきた人なら、RDNA 2は、MicrosoftのXbox Series XとSonyのPlaySation 5に搭載されるGPUに電力を供給します。しかし、次世代のRadeon RX 6000シリーズは、RDNA 2の真の力を発揮します。AMDがTSMCと密接な関係にあることを念頭に置いて、このファウンドリーは、Team Redのグラフィックスカードの次の波に向けて、7nm FinFETプロセスノード上でBig Naviを提供し続けるはずです。Big Naviが高速PCIe 4.0インターフェイスのサポートを維持しているのは、かなりの確率であります。

美的レベルでは、おそらくリファレンス版と思われるRadeon RX 6000は、間違いなく目に優しいです。AMDは、黒と銀に赤のハイライトを加えたテーマを選んだようです。グラフィックカードのプロファイルは、特にデュアル8ピンPCIeコネクタの配置やRadeonロゴの配置など、Nvidiaの前世代のFounders Editionのシュラウドを少し思い出させますが、これはLEDバックライトを備えている可能性があります。

非公式なコードネームに忠実なRadeon RX 6000は、画像では誤魔化せないが、大きなグラフィックカードのように見えます。それはともかくとして、このグラフィックスカードはトリプルファン冷却ソリューションを搭載しており、高額な冷却要件を持っていることをほのめかしています。さらに、常識的に考えて、AMDは3つのファンが必要でない限り、冷却ソリューションに3つのファンを実装しないだろうと言われています。

グラフィックスカードは、2つの8ピンPCIe電源コネクタから電力を供給します。PCIeスロットは最大75Wを供給し、各8ピンPCIe電源コネクタは最大150Wを供給できるので、Radeon RX 6000は最大375Wを供給できることになります。とはいえ、Big Naviが電力を大量に消費するという意味ではありません。ただ、グラフィックスカードが必要とする場合には、電力はそこにあるということです。

当初、Radeon RX 6000のビデオ出力を見ることはできませんでした。しかし、テックアナリストのAnshel Sag氏が親切にもグラフィックカードのYoutube動画を提供してくれました。

どうやら、AMDはRadeon RX 6000にHDMIポートを1つ、DisplayPort出力を2つ、そして以前から噂されていたUSB-Cポートを装備しているようで、Navi 21ベースの特定のモデルに搭載されていると言われています。稲妻のマークがないことから、Thunderbolt 3 インターフェイスではなく、通常の USB-C ポートであると考えていいでしょう。まず最初に思い浮かぶのは、最近流行りのUSB-Cモニターに対応するためのポートではないかということです。

ソース:Tom's Hardware
シェア