1. ホーム
  2. ASRock A520 マザーボードは、A520 が B550 よりも優れたオプションである理由を示す

ASRock A520 マザーボードは、A520 が B550 よりも優れたオプションである理由を示す

2020-08-19 16:00

B550マザーボードの価格設定がアップグレードの妨げになっていてもご心配なく。VideoCardzは、最大5種類のA520マザーボードを用意しているとの情報を入手しました。同誌によると、A520マザーボードは今月下旬に発売されるとのことで、9月発売というDigiTimesの報道とは異なります。

VideoCardzは、ASRockの次期A520シーリズの2つのマザーボードを公開しました。A520M-ITX/acはmini-ITXフォームファクターで、A520M Pro4はより大きなmicroATXフットプリントとなっています。

ASRock A520M-ITX/ac

A520M-ITX/acの既存のB550M-ITX/acとの類似性は不気味です。PCB上のモデル名がなければ、B550M-ITX/acを見ているような気がします。

A520M-ITX/acは、安価なB550マザーボードによく見られる8相電源サブシステムを特徴としています。mini-ITXフォーム・ファクターの予想通り、マザーボードには2つのDDR4メモリ・スロットしかありませんが、プロセッサへの短いトレースを考慮すると、メモリ・オーバークロックは素晴らしいものになるはずです。

マザーボードは最大5つのストレージデバイスを収容できます。4つのSATA IIIコネクタと1つのM.2スロットが前面にあります。A520M-ITX/acにはPCIe x16スロットが1つしかないため、グラフィックスカードの選択には特別な配慮が必要です。

接続性に関しては、A520M-ITX/acはB550M-ITX/acと同じコピーです。背面パネルを見ると、ディスプレイ用のDisplayPortとHDMIポートを備えています。もちろん、通常のRyzenチップにはiGPUが搭載されていないため、どちらの出力も使用するにはAMD APUとマザーボードをペアリングする必要があります。Ethernetポートとワイヤレスネットワークも利用可能です。

リアパネルには、USB 2.0ポート×2、USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート×1、USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート×2、USB 3.2 Gen 1 Type-Cポート×1、PS/2コンボポート×1、3.5mmオーディオジャック×3を搭載しています。

B550M-ITX/acは129.99ドル(約13,900円)で販売されているので、A520M-ITX/acの価格はポケットに優しいものになると予想しています。

ASRock A520M Pro4

A520M Pro4は、B550M Pro4とは少し違った外観をしています。まず、A520M Pro4は、電力供給サブシステムの上に派手な白いヒートシンクがありません。画像では、そのデザインは明らかにされていませんが、B550M Pro4は8相構成を備えているので、A520のバリアントも同じセットアップを搭載していることが予想されます。

A520M Pro4 は、4つのDDR4メモリ スロットを自由に配置します。SATA IIIポートは合計4つで、B550M Pro4よりも2つ少ないです。それにもかかわらず、2つのM.2スロットはそのまま残されています。A520M-ITX/acとは異なり、A520M Pro4 にはワイヤレス接続がないため、ワイヤレスカードを購入しない限り、標準のイーサネットポートを介してインターネットに接続することになります。

拡張性の面では、A520M Pro4は2つのPCIe x16スロットを備えています。高価なB550M Pro4に搭載されているPCIe x1スロットが欠落しているだけです。

A520M-ITX/acおよびB550M-ITX/acと同様に、A520M Pro4はB550M Pro4と全く同じリアパネルを備えています。ディスプレイ出力は、D-subポート×1、HDMIポート×1、DisplayPort出力×1で構成されています。USBポートは、USB 3.2 Gen 2 Type-Aポート×1、USB 3.2 Gen 2 Type-Cポート×1、USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート×4、USB 2.0ポート×2を搭載しています。最後に、マザーボードにはオーディオデバイスを接続するための3.5mmジャックが3つ搭載されています。

B550M Pro4 は114.99ドル(約12,270円)で販売されていますが、A520M Pro4にはいくつかの機能が搭載されていないため、ASRockはこのマザーボードをより競争力のある価格で販売することができます。

ソース:Tom's Hardware
シェア