1. ホーム
  2. Huaweiの24コア7nm Kunpeng CPUがマルチコアパフォーマンスでCore i9-9900Kを上回る

Huaweiの24コア7nm Kunpeng CPUがマルチコアパフォーマンスでCore i9-9900Kを上回る

2020-08-13 16:45

中国のニュース・アウトレットIThomeによると、Huaweiが国内市場に向けてHuaweiの新しいデスクトップPC(内部的にはPanguとして知られている)を発売しようとしているとの情報が入ってきました。このシステムは、Hi1620としても知られる同社のKunpeng 920の変形版を利用します。レポートでは、Kunpeng 920 3211Kのマルチコア性能は、Intel Core i9-9900K Coffee Lakeプロセッサよりもわずかに優れていると主張します。

Kunpeng 920は、ArmのNeoverse N1(コードネームAres)マイクロアーキテクチャをベースにしており、24コアから64コアまでのコア構成を誇り、2.4GHzから3GHzの間で動作します。TSMCは、米国の新しい規制のために中国の巨大なハイテク企業とのすべての関係を切る前に、同社の7nmプロセスノードでHuaweiのためにKunpeng 920を生産していました。

特にKunpeng 920 3211Kは24個のコアを持ち、2.6GHzで最大となります。Huaweiは、8GBのSO-DIMMメモリ、512GBのサムスンSSDとAMDのRadeon 520モバイルグラフィックスカードとプロセッサをペアにしています。

HuaweiはPanguを政府や企業市場向けにカスタマイズしており、システムには中国の自作のUnified Operating System (UOS)が搭載されています。Panguでのユーザーの拡張やカスタマイズはゼロに近い。Kunpeng 920 3211Kはマザーボードにハンダ付けされており、他のグラフィックカードには対応していません。UOSはPCにセメントで固められているので、Windowsもインストールできません。メモリやSSDのアップグレードはできるかもしれませんが、そんなところです。

噂されているPanguの画像を見ると、USB Type-Aポートが3つ、USB Type-Cポートが1つ、ケース前面に3.5mmヘッドフォンジャックが1つあります。また、光学ドライブを収納するスペースもあります。ケース背面には、USB Type-Aポートが4つ、Ethernetポートが1つ、3.5mmオーディオジャックが3つ、D-Subポートが1つ搭載されています。IThomeのレポートによると、Panguは23.8インチのモニターを搭載しており、解像度は1920×1080、NTSC色域は70%となっています。

Panguの価格と正確な発売日は不明です。IThomeのレポートでは、Panguはもうすぐ発売されるのではないか、としか書かれていません。

ソース:Tom's Hardware
シェア