1. ホーム
  2. ギガバイトは、Ryzen 5000シリーズのコードネームがフェルメールであることを確認します:BIOSを更新してZen3のパフォーマンスを向上させます

ギガバイトは、Ryzen 5000シリーズのコードネームがフェルメールであることを確認します:BIOSを更新してZen3のパフォーマンスを向上させます

2020-10-15 12:15

Ryzen 5000 CPUのギガバイトCPUサポート/ BIOSサポートリスト(VideoCardz経由)で、ギガバイトはRyzen5000シリーズプロセッサのコード名が「フェルメール」であることを確認しています。

Ryzen 5000シリーズのブランドの噂はほんの数ヶ月前のものですが、フェルメールのリークはそれよりもはるかに長く広がっており、2つの名前が関連していることに疑問を投げかけています。AMDが最近の発表イベントでRyzen5000シリーズのコードネームがフェルメールであることを確認しなかったことは役に立ちませんでした。

ギガバイトには、500シリーズギガバイトマザーボード上のZen 3用に最適化されたBIOSとなる最新のBIOS「F30」に関する情報も含まれています(500シリーズマザーボード用の現在出荷されているすべてのBIOSバージョンはプロセッサの起動をサポートしていますが、1.0.0.0以降のAGESAパッチ パフォーマンスの向上)。

新しいギガバイトBIOSには、AMDのAGESA ComboV21.0.8.1パッチが付属しています。 これは、(Guru3dを介して)コア間のレイテンシーをかなりのマージンで減少させると報告されているのと同じAGESAコードです(特にRyzen 3000プロセッサーでは、Ryzen 4000にはまだ単語がありません)。 ただし、レイテンシーの増加はわずかであるという他の報告があるため、マザーボードによって異なる場合があります。 いずれの場合も、3000シリーズCPUを使用している場合は、ボードの最新のBIOSを使用していることを確認するためだけに、新しいマザーボードファームウェアにアップグレードすることは悪い考えではないかもしれません。

500シリーズは第3世代と第4世代の両方のRyzenプラットフォームのフラッグシップチップセットになるため、新しいRyzen 5000CPUを補完するAMDの600シリーズチップセットはありません。 近い将来、新しいRyzen 5000 CPUの購入を検討している場合は、AMDのパートナーから更新されたB550およびX570ボードのいくつかを確認してください。 Ryzen 5000の400シリーズチップセットのサポートは、2021年1月の第1四半期に開始されます。

ソース:Tom's Hardware
シェア